CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書 (JUGEMレビュー »)
塩川 寶祥照成,岡崎 寶祥寛人,無外流居合道連盟
MOBILE
qrcode
武闘家?塩川宗家も恐れる?なぎなた術
0
     9日の土曜日、滝野川第一武道場で開かれた北区なぎなた
    連盟 主催の「なぎなた初心者教室」に参加してきた。
     私の物好き病から参加した訳ではなく、昔塩川宗家と雑談
    していたとき「先生が真剣勝負で対戦するとして、一番イヤと
    思う武術は何ですか?」との私の質問に答え「なぎなたかな」
    と言われたのを思い出し、応募してみた次第。

     塩川宗家は死を恐れぬ特攻戦闘機”飛燕”の飛行士帰りで
    バリバリの武術武闘家として各種武術家や道場破りをされて
    いたことがあり、ある時は槍術の宗家と真槍対木刀で試合を
    され、見事に勝ちを納めてしまった。
     すると槍術の宗家、敗れたからと道場の看板と宗家も譲り、
    潔く引退されてしまったという。その時の允可状が今も下関
    の塩川道場拳聖館に掛かっている。そんな塩川宗家が対戦
    された経験はないのに恐れる?のが ”なぎなた” なのだ。

     なぎなた(今は薙刀と書かない)といえば、会津戊辰戦争を
    題材に”八重の桜”が話題だが、有名なのは白虎隊ばかり
    ではない、華々しく散った女子軍があり、中でも光っている
    のが中野竹子という薙刀の名手がおり、大の男どもが斬り
    ふせられ、やむなく鉄砲で撃ち殺されてしまったという。

     現代にもその強さ、凄さでは伝説的な剣士がいる。
    その人の名は園部秀雄先生。男の名前だが、実は女性だ。
     明治もやや浅く、腕に覚えの武士の生業?に撃剣興業が
    盛んで、特に地方回りでは人気を博していた頃、薙刀の試合
    を見て感激したうら若い(明治3年生まれ)彼女、親の猛烈な
    反対を押し切って興業側の佐竹観(鑑)柳斎の下に入門。
     朝夕千回の素振りを繰返し、わずか2年で免許皆伝を取得。
    そこで観柳斎が”男より秀でた者になれ”と名を付けてくれた
    のが秀雄だった。

     園部(嫁ぎ先の姓)先生、後に直心影流薙刀術第十五代の
    宗家を継がれたが、数々の男性剣術家と真剣勝負をし、勝ち
    を収めたが、敗れたのは生涯たった一度だけという。
     東京では、木挽町の空き地で武徳会師範の日田亀太郎と
    闘い、足払い、小手打ちで勝利。長野松本では吉田道場の
    師範代、師範の三間柄の槍と闘い、突きや面で勝ち、打ちの
    強さから面打ちで師範に尻餅をつかせたという。

     唯一敗れたのはかって対戦し敗れた武徳会会長渡辺昇が
    若い19歳の堀田捨次郎に執念の秘策を授けて対戦させた。
    堀田は左膝を床に着けんばかりに低く構え、秀雄の攻めを
    敏捷に躱し続け、遂に機を見つけ面と横面をとって一敗地に
    まみれさせたという。
     園部はその後、昭和11年世田谷に薙刀道場「修徳館」を
    開き、後進の指導となぎなたの普及に努めたが、米寿のとき
    並み居る八段の剣士たちを総なめにしたといわれる。

     「修徳館」といえば、私がテレビ局の運動部番組プロデュ
    ーサーとして「独占!スポーツ情報」という番組の企画制作
    をしていたとき、テレビ界では当時は珍しかった体験入門の
    企画でカメラクルーを連れ、この道場を訪れたことがある。
     当時は多分第十六代の時代になっていたが園田先生に
    ご指導を受けた記憶がある。薙刀との縁は繋がっている。

     土曜日稽古されていた10人ほどの女性剣士の形稽古
    を見る限り、木刀と試合をして打ち据える猛者はおられぬ
    ようだったが、初めて扱う2メートル10数センチの薙刀は
    いつも扱う杖道の1メートル27センチ余と少し勝手が違い、
    しかも技、形の手の位置、足捌き、体の向きなど決められ
    た形があり、扱い慣れるには時間がかかりそうだ。
     
     私は若くはないし、失礼ながら本格的に学ぶ気はないの
    で、大した技術を習得できるとは思えないので、高望みは
    勿論しないけれど、試合はともかくせめて相対稽古までは
    出来るようになり、”なぎなた”を相手にした時の恐さ、迫力
    を判る程度にはなりたいと思っている。
     ホントは、一度で良いから木刀でなぎなたと対戦をして
    みたいなア なんて思うが、夢をみたいものだろう・・・・
    | - | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    基本の中に含蓄がいっぱい!
    0
       何やってんだかねェ、全柔連は?
      昨18日、やっと全柔連は第三者委員会の会合を開いた。
      あと2回ほどで、3月の定例理事会に提案してもらい、対策を
      協議するようだ。事件?発覚から半年近くもかけるのかョ。
      普通は臨時理事会でも開いて早急に事後処理にかかるのが
      普通だと思うのだが、どうも私の常識は全柔連の上村会長を
      始めとする首脳陣には通じないらしい。

       大阪の桜宮高校の方は、バレーボール元五輪代表監督の
      柳本さんが非常勤講師に先日就任、早速立て直しにかかる
      というのに・・・ こちらの方は既に問題の顧問は懲戒免職と
      なってるし、これも橋元大阪市長がバンバン機関銃を撃った
      せいもあるだろうが、受験進学シーズンと重なったとはいえ、
      まあ早い対応だったといえるのに。

       聞き取り調査があるとはいえそれをいいことにしてないノ?
      全柔連さん・・・  武道とはいえ、いつまでも関係のない?
      柔道問題をこの欄で取上げてても始まらないし、この師範
      徒然草も本来の姿に戻ろうっと。

       心伝会では今年始めから参加全員で変わった?基本稽古
      を取り入れている。
      これまでは、居合や杖道に必要な基本体力の増強は各個人
      に任せていたのだが、よく合同稽古会や審査会で岡崎宗家
      が言われる”下半身の強化が足りないないのではないか?”
      という問いに、どうも対応がバラバラで物足りない感じがする。

       人間弱いもので道場以外自宅等で毎日、或いは折に触れ
      下半身強化や武道に必要な筋力強化トレーニングを続けて
      いる者はプロの道場主や変わり者?はともかく、普通の勤め
      人などはどうしても忙しさや日常生活にかまけて、強化トレを
      習慣づけて実行している人は少ないのでは?と感じている。
       そこで、道場稽古でこの稽古を取り入れたという次第。
      この稽古法は、まず横一文字の抜き付け、納刀、逆袈裟の
      抜き上げ、納刀を体育館道場を夫々一往復した後に行うの
      だが・・・

       何が目的か? 1)下半身強化 2)技に体軸のブレ防止
      3)手の内の締めの勘所把握と強化 4)正しい刃筋を作る
      5)いつも正しく変わらない角度の斬り筋 6)吸気、吐気の
       コツをつかみ、安定化 7)腕(かいな)力の増強 
      挙げ立てればキリがない。

       では何をするか? 参加人数により当然回数は増えるが、
      交代で数を発声して行う。これは”呼吸”掴み稽古にもなる。
       後で行う形稽古に支障を来たすようでは意味がないので、
      最大300〜350回に留め、女性、子供には配慮している。

      *まず居合刀を用意し、両足を大きく開き、腰を落とす。
        いわゆる四股立ちの姿勢だ。
       杖道にも応用は利くが、杖道は変えて行っている。
       また、順番を変える時はよくある。

      大体の順番は、
      1.上段ほぼ水平に構え、発声と共に真っ向斬り、腰帯の
        位置で止める。切っ先が水平より下がらぬよう心掛ける
         大体五十回を目途とする(参加人数、体力程度による
        以下他も同じ回数をこなす、強化目的により変更も)
      2.胸前に両手交錯した位置から右から左への水平斬り、
        左手は鯉口へ、剣先は内向き止めを意識する
        刀をただ振るだけになってしまうのを避け、斬る意識で  
      3.左手で同じことの繰り返し
      4.剣先下がりの上段の構えから肩口から胴への袈裟斬り
        剣先が遠くに出て角度、刃筋を意識する
        手が早く下りて狭い斜め斬り提げにならぬよう注意する
        剣先は仮想相手への内向き。振るのではなく斬上げる
        意識で、左手は鯉口に収める
      5.左からの袈裟斬りも同じ様に繰り返す(両手が胸や腹に
        付き窮屈な斬り下しにならぬようシッカリ両腕を伸ばす)
      6.左下からの右片手逆袈裟斬り上げ、左手は鯉口へ
        剣先が腰骨上から肩口へ抜けるよう斬り上げ、剣先は
        内向き、しっかり胸を張り、刃筋を意識する
      7.右下から両手逆袈裟斬り上げも時々行う。
        このとき体が右に傾いたり、左手が伸びす右手だけで
        押すだけの斬り方にならぬよう注意する  

       これを50回行っただけで、300~350回の斬り、振りの
      稽古となり、最初に書いた効果が出ることになる。
       体力差、技能差があるのであまり正確な斬り方、刃筋、
      早やさ、刃音の鋭さなどは求めず、とにかく回数をこなす
      ことを第一とする。
       
       それでも、振りもバラバラ、腰が浮き始め、勢いも次第に
      無くなり、腕が震えてしまう者が出てくる。週に一回の者も
      いれば、2回の参加者もいるが、だんだん力を付けてきて
      楽にこなせるようになることを願って繰り返している。
       ちなみに満73歳の私は週4回、指導する立場上同じこと
      を繰り返しているが・・・
      | - | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      柔道告発、遂に世界問題に!?
      0
         あい変らず柔道女子選手15人が全日本女子全監督らの
        暴力行為を告発した問題は、私が危惧した通り現実化し
        つつある。
         私がなぜ同じ武道とはいえ、居合や杖道ではないのに
        柔道に拘るかというと、私がテレビ局の現役時代、局の
        スポーツ事業部長、運動部長として読売新聞社と共催で、
        毎年国際柔道大会に関わったからだ。

         
         先日全柔連の上村会長がわざわざパリに飛んで、国際
        柔道連盟(IJF)のマリアス・ビゼール会長に、柔道界を
        騒がせた謝罪と事情説明を行った。ところが、ビゼール
        会長はその後の記者会見で「(全柔連と合同だが)この
        問題を調査、分析して結論を出す」と発表した。
        謝罪だけでは済まなかったのだ。

        IJFはこの問題が公になったあと「暴力は柔道の創始者
        である嘉納治五郎師範の精神や哲学とは全く無縁のもの」
        と発表しているが、柔道創始の国が後進の外国から逆に
        諭されるとは何たる屈辱、情けないッたらありゃしない。
         
         ようやくこの8日全柔連のホームページに上村会長が
        「本連盟の問題意識の甘さや対応の不手際等がありました
        ことは事実であり、重ねて深く反省している次第です」
        と掲載したが、遅いツーの!

        とうとうこの問題がスポーツ界全体に広まり(見直しや
        反省にはいいこと)、JOCが五輪参加競技31団体への
        聞き取り調査を行い、全団体が暴力行為やパワハラなど
        無かったと答えたが、強化責任者だけでなく、現役日本
        代表選手や指導者に無記名のアンケートを実施すること
        を決めた。責任者だけではまた隠すかもしれない?って、
        全柔連上層部への不信感?がここにも影響しているのか。
        ちなみにJOCの告発選手への聞き取り調査には、全柔連
        が参加を希望してたが、全柔連抜きで行うことになった。

         
         今日9日の読売新聞のインタビューに答えた全柔連の
        藤田弘明副会長が「全柔連は判断を間違えた、強化理事
        はすぐに辞任させるべきだった」と反省の弁に続き「今
        は人材も育っている。女性特有の問題もあり、今後は
        新監督に女性を登用するなど時代に即して対応する」と
        語っている。ようやくまともな対応が出そうですネ。
         

        でも、肝心の上村会長や他の一部上層部がどんな考えか
        この辺が心配のタネですネ。
        | - | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        情けなや!? 名門日本武道&&
        0
           このところスポーツ名門高校桜宮のバスケット部顧問の
          体罰問題が世間を賑わわせている中今度はなんと、ナント
          日本伝統武道である柔道、それも五輪選手達を巻き込んだ
          大騒動が新聞、テレビを騒がせている。
           それも五輪代表選手を含む15選手が連名でJOCに告発
          文書を出していたというのだ。

           ここに至る前、全柔連は戒告処分を発表したのに(実は
          最初内部調査の結果、厳重重注意を出したものの監督続投
          を早々と決定していた)、これがJOCから調査不十分とし
          いわば突き返されたものだった。

           このことに対して、私は全柔連の認識の甘さを感じざるを
          えない。男子選手ではなく、繊細で多感な年代の選手が主体
          の女子選手が当事者であることも考えたのだろうか?
           最近多発している学校に於ける体罰、いじめ問題に関して
          も学校側、教育委員会の”事なかれ主義”、”臭いものに蓋”?
          が、ナント、なんと日本の伝統武道(残念ながら凋落傾向に
          ある)柔道、それも五輪代表という頂点レベルで、内部告発
          文書が日本オリンピック委員会まで出されたという悲しい、
          いや情けない事態を招いたということだ。

           
           
           最近の風潮を憂慮?したのか政権に返り咲いた自民党では、
          今国会へ「いじめ防止対策基本法案(仮称)」を提出しよう
          としているようだ。児童又は生徒を対象に、暴力行為だけで
          なく、仲間外れなどの”いじめ”をはじめ、インターネットを
          通じて行われる掲示板やブログ等で悪口などを書き込むこと
          なども含まれるという。
           時代の流れがあるとはいえ、こんなことまでいちいち法で
          縛らないと制御できないとは、なんと情けないと思いません?

           私は”愛のムチ”と称する体罰を、古いかも知れないが全面
          否定するものではないが、受ける側がそれを”体罰”や”暴力”
          と感じる時は既に”愛のムチ”ではなくなっている。
          ましてや仲間のミスをキャプテンだから、リーダーだからと
          いって”見せしめ”や”当人の自覚喚起”のために行う体罰など
          は何おかいわんやであろう。
           
           

           むかし長嶋茂雄さんから聞いた話だが、立教大学時代鬼の
          砂押監督からよく”叱られ役”としてド突かれたという。
           本人のミスもあったろうが、アイツがド突かれる位だから
          気を付けなきゃと”イイ発奮材だったんだよネ”と
           
           でも今は通じない話だろうけれど・・・






           

           
          | - | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          数奇な怪物?武術家塩川宗家米寿祝いと近況
          0
             この13日(日)下関で塩川寶祥宗家の日本空手道会
            の60周年記念、糸東流初代宗家を子息の尚成氏への
            二代目伝承式、そして塩川寶祥宗家米寿祝いが市内の
            ホテルで行われ、出席してきた。

             日本空手道会役員幹部、塩川宗家が60有余年指導
            をされて来られた各種武道の高弟たちが全国各地から
            お祝いに駆けつけられた。ただ、高齢者も多いことから
            着席式となったことから、参加者も絞られて120名余り
            での式宴だった。

             私たち無外流居合道連盟は、岡崎寛人十六代宗家を
            始め師範クラス11名が参加したが、かつて会長を務め
            た全日本杖道連盟の甲斐理事長、東京都杖道連盟の
            藤代理事長始め私も懐かしい?稽古仲間が多数参加
            された。

             お久しぶりに会った88歳を迎える塩川寶祥宗家は、
            最近は少しふっくらされ、かつて眼光炯々とした武術家
            の風貌はなく、好々爺と言った方がふさわしい雰囲気を
            醸し出されていた。
             初めて塩川宗家に会われた方は、この方が伝説とも
            いえる武術家とは想像もできないだろう。

             塩川宗家の武道家歴は、谷照之氏の「塩川寶祥伝」
            をお読みになるとよく判るし、まるで”小説”というよりも
            小説より奇なりを地で行く面白さでさえある。

             興味をお持ちの方は、イヤぜひ読んでいただきたい。
            インターネット検索でアドレスするより簡単なのは、

             「武道塾一貫堂」から”武道はいいもんだ”でアクセス

            されると23編に渡り豪快、痛快、驚嘆、愛すべき(失礼)
            武術家生涯、いや”小説より奇なり”の面白い武術伝が
            読めるので、是非ご覧いただきたい。

             次回、まだあまり興味がないかもしれない?いや我々
            の仲間、同門の方々に興味を持って頂くため?に宗家
            の略歴を紹介いても良いかな?と思っているが・・・・


              
            | - | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            << | 3/54PAGES | >>