CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書 (JUGEMレビュー »)
塩川 寶祥照成,岡崎 寶祥寛人,無外流居合道連盟
MOBILE
qrcode
<< 居合道稽古の本筋とは? 全国大会で・・・ | main | 数奇な怪物?武術家塩川宗家米寿祝いと近況 >>
今年の稽古は?
0
     今日は”七草粥”、日が経つのは早いもの。いよいよ稽古も
    本格化されているだろう。”師範徒然草”は昨年の全国大会
    更新後、師範方による稽古、演武の指針、要諦をまとめた
    内容だったためか、アクセス数がかってないほど連日ヒット
    して頂いたので、掲示を続けていたが、稽古も本格化し始め
    たと思うので、更新することにした。ご愛読を感謝致します。

     心伝会では、前号の要諦を一年を通して続けて行くのは
    最重要課題であることはもちろんだが、毎年初稽古のとき
    師範として各人にその年その年の稽古目標を指示している。
     ”一句三百遍成愚”という言葉がある。馬鹿の一つ覚えの
    ように毎日毎日繰り返して唱え(行え)れば、自ずと身に着き
    御仏の加護も受けられるということだが、稽古は正にそれ。

     しかし、各人体力、性格、素質、稽古に費やせる時間等々
    個人差があるので、夫々に合わせた具体的な稽古指針を
    アドバイスしている。
     本来は各人が考え、自分の稽古方針を立てるのは当り前
    だが、そこはそれ人間の弱さでなかなか実行できないもの。
    上から指示されれば、実行しなければと意欲を燃やすだろう
    と少し手を貸して上げるわけだ。本当はこれでは情けないが。

     実際の稽古でも、習得、習熟し易いよう工夫を加えている。
     例えば、左手の鞘引きの重要性を体で覚えさせるために、
    日頃愛用の居合刀より3~4寸長い刀を貸し与え、スムーズ
    に正しく抜刀、納刀できるよう稽古する。つい右手が主になる
    と、手が長い人とか身長の高い者しか抜けない。

     また、演武における技の正確さ、剣先まで気と力が届くよう、
    更に間の詰め方ができるよう、鞘付小刀で形を演武させる。
    小刀だと扱い易いし、短いから小手先だけでやるとみじめな
    結果に終わるのだ。どうしても覚え慣れた形の刀遣いでは、
    気迫、気概は生まれ難いもの。
     出せる人は普段の稽古でも出せるものだが、そこは凡人
    の悲しさ(失礼!)意識して繰り返せば自ずと身につくもの。

     合宿時には、試し斬りで刃筋、手の内、斬るべき所に刃が
    当る位置にいかに力を伝えられるか等もそうだが、心伝会
    では剣道防具や考案防具を使い、相対して竹刀で実際に
    打合い、斬りあって体感させもしている。
     居合は仮想敵をイメージして行う武道だが、個人差があり
    なかなかうまく体現できないもの。それで杖道、短杖術を
    合わせ稽古し、間合、対敵動作を身に着けて行くのだが。

     昨年から居合、木刀による太刀打ち、杖道、短杖に加え、
    一角流十手術、中和流短刀術なども希望者に指導始めた。
    あとは繰り返し、繰り返し稽古して、いかにして身に着けるか
    個人の意欲、意識、努力しかない。さあ、今年も頑張ろう!
    | - | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.iai-mugairyu.com/trackback/1174816
    トラックバック