CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書 (JUGEMレビュー »)
塩川 寶祥照成,岡崎 寶祥寛人,無外流居合道連盟
MOBILE
qrcode
<< 鏡の効用 | main | 忍者、忍術って スゴイ! >>
キレのいい技
0
     このブログ、つい書き込みが延び延びになってしまった。
    この10日(日)、埼玉県の久喜市総合体育館武道場で連盟
    の杖道講習会が行われた。そのときの級審査で3級と有段者
    でも無いのに中々キレの良い技を演武する若い2人を見た。

     引落しの構えとその後の面打ち、この2つに関しては私の
    ところからも2人2級に受審したが、上だった。
     しかも、所属の会長師範は杖道をされていないことになって
    いる。ということはそれだけ日頃杖道の師範から薫陶を受けて
    いないことになる。
    ということは、2人の素質が良いことも勿論あるが、それだけ
    日頃しっかり稽古をしていることの証明になろう。
    審査評でも”良く稽古している”と褒められたそうだが・・・・

     2日後の私の稽古日、杖道だけの稽古日ではなかったが、
    この良い刺激を受け、早速”引落しの構え”だけを稽古させた。
     稽古されている方はお判りだろうが、細い杖を体の前に構え
    ている状態から、すかざず杖を左右の体側に引き下しながら
    手の内(指の握り)を素早く変えながら行うもので、初心者の
    うちはスムーズに行かないのが普通だ。
    器用さ、運動神経、若さなどいろいろ個人差はあるが、とにかく
    いわゆる杖が手につくように繰り返し繰り返し練習することが
    第一、いや全てといえよう。

     日頃の稽古では、つい基本の杖扱いや基本打ちの稽古が
    おろそかになり、ついつい技を覚えることや相対稽古が主に
    なってしまうもの(私の居合稽古は基本を特に大事にはいて
    いるが)。
     杖の場合も過去指導を受けた師範の先生によく言われた
    ことでもあるが、130センチ近い杖が自由に手に馴染むよう
    自宅でもいつも”回し、握り替え、こなし等々”繰り返し、くり
    かえし練習することが大事だと改めて皆んなに伝え、自分
    でもそう痛感した稽古会だった。
    | - | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.iai-mugairyu.com/trackback/1174801
    トラックバック