CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書 (JUGEMレビュー »)
塩川 寶祥照成,岡崎 寶祥寛人,無外流居合道連盟
MOBILE
qrcode
<< 雀百まで踊り忘れず | main | 閑話休題:知ってました?ルイス・フロイス >>
老いてますます盛ん
0
     今年はロンドンオリンピック。いま各競技代表選考が真っ盛りだ。
     平泳ぎの北島が4大会連続出場を決めたり、お笑いタレントの猫
    ひろしが国籍を変更してまでカンボジアからマラソン選手として代表
    になりそう?(どうも国際陸連がこの件につき疑義ありとして事情を
    聴取することになって未だ決定は不透明のようだが)だったり話題が
    いっぱいである。
     そんな中昨日(12日)71歳のオリンピック選手が誕生した。しかも
    最年長の自己記録を更新して。その名は、法華津(ほけつ)寛さん。
    日本でも数少ない少ない馬場馬術の選手だ。
     その記者会見でのコメントが最高−だった。

     「一番のモチベーションは少しずつでも自分がうまくなっていること」
    (70歳すぎても衰えない向上心。アンタはエライ!すばらしい!)
     「年齢で注目されているが、ジイさんたちの励みになれば、こんな
    うれしいことはない」 ですと。その言やよし。

     彼が初めてオリンッピックに出場したのは東京五輪大会。その時は
    馬術でも傷害飛越で順位は40位(その後種目を馬場馬術に変更)。
     丁度私がテレビ局に入社した翌年。開催時は朝から晩まで放送に
    追われ、明け暮れた。その私も今年74歳になる。
    それなのに彼は未だ現役選手としてオリンッピックに出場する。凄い

     彼を支えているのは、毎日朝晩のストレッチと30回の腹筋運動。
    これはそれほどとは思はないが、ナント家族を日本に残して2003年
    から10年ドイツに渡り技術を磨いての快挙だった。
     武道家にはご高齢でも矍鑠(かくしゃく)として活躍されている方が
    たくさんいらっしゃるが、種目は無いけれどオリンッピックに出場する
    となると・・・!?

     我々の宗家である塩川寶祥先生は今年数え88歳になられるが、
    82歳の頃傘下の先生やバリバリの猛者たちでさえ空手、杖道、居合
    でも遠く及ばなかった。その当時100歳になっても衰えないのではと
    話すほど凄かった。
     ところが、82歳の年不幸にも交通事故に遭われ、医者が40歳台の
    骨と驚いただけあって驚異の回復は遂げたものの、その後体に忍び
    寄る悪影響は避けられず、お元気なものの武道への意欲の方は一寸
    という感じがするので、弟子としては大変残念である。

     それだけに、この法華津さんのロンドン五輪ではぜひ”ジイさんの星”
    として頑張ってほしいと思わずにはいられない。
     私も一応見かけはせいぜい50歳台といわれ、内心まだまだ頑張るゾ
    と励んでいるが、思うように動けなくなったらスグ剣も杖も置いて身を
    退こうと心に決めているが、そのためにも毎日の精進を欠かさないよう
    頑張っている積りなのだが・・・
    | - | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.iai-mugairyu.com/trackback/1174797
    トラックバック