CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書 (JUGEMレビュー »)
塩川 寶祥照成,岡崎 寶祥寛人,無外流居合道連盟
MOBILE
qrcode
<< 再び 中学校武道必修化のこと サア大へん | main | 老いてますます盛ん >>
雀百まで踊り忘れず
0
      こんなオーバーな諺をタイトルにするのは気恥ずかしいが、
    この土日、越後湯沢でスキーをしてきた。まだ少し体は痛いが
    辛くは無い。74歳を迎えるこの年になってスキーをするなどと
    思いもかけなかったが、これも常日頃武道で体を動かしている
    賜物だろうと思う。

     自分から今さらスキーに行こうなどとは思う訳もないし、道具
    は買ったばかりの靴を一度も使わぬまま放っておいた為劣化
    してしまったろうと長短(昔はご存知かもしれぬがスキー板の
    長さは、自分の身長で腕を一杯伸ばし、中指を曲げた長さが
    その人に合った長さと言われた。まさかソンナ長さの物は遠い
    の昔に捨ててしまい、それから長さも変わり替わって)、身長+
    10センチと身長の長さの二本が残っていた、これだって長い
    を粗大ごみでお金を出して処分。ゴーグル、手袋等々小物類
    一式、スキーウエアなどあまり使ってイナイ良さそうなものは
    ダウンウエア等々衣類は先日東北大震災の支援物資と一緒
    に送っていまい無し。
     スキーウエア代わりは濡れないから海釣り防寒着、雪目に
    ならないようゴーグル代わりに偏光サングラスとスキー用の
    手袋を買って行った。

     なんでこんなこと迄して行ったのかというと、女房(茶道の
    宗匠なのだが)が、熱心な弟子の中学生に良く稽古している
    からスキーに連れて行ってあげると約束したことを実行する
    ので付き合ってくれないというので、急きょ行ってきたという
    ワケである。長々と説明して飽きられたと思うが、越後湯沢は
    昔、布場という古いスキー場のころ少し行ったが、日帰りが
    可能のスキー場としてガーラができても、その先の苗場が主
    で20年近くも行ったこともなかった。それが苗場、三国寄りに
    ホテルニューオータニのNASPAと立派なスキー場ができて
    しかも今流行のスキーボードは禁止というオールドスキーヤー
    や家族連れには格好のスキー場だった。

     お天気も東京が風雨が強かった土曜日は雨から雪に変わり
    日曜日は快晴から午後雪になったが絶好のスキー日和。
    小さな頃やった記憶があるという彼は全くの初心者だったので
    初日にスキースクールに入れて基本を学ばせ、それから二人
    で指導しながら我々も全く久しぶりにスキーを楽しんだ。

     十何年かぶりの上雪も春の湿り雪だし、子供もいるので上級
    コースは遠慮?しもっぱら中級コースで付き合いながらだった
    ので、久しぶりとはいえすっかり自分たちもスキーを楽しんだ。
     そこで、”雀百まで踊り忘れず”ナンだなアと思った次第です。
    しっかり体に覚え込ませておけば、何年たっても体は覚えて
    いてくれるものだと実感したものでした。
     ただ、武道だけは動きはともかく、瞬時の反応、細かい形の
    動き、間合や微妙な間、こればかりはできれば毎日でもやって
    いないとダメなことはお忘れなく・・・。武道は別なのです。 

    | - | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.iai-mugairyu.com/trackback/1174796
    トラックバック