CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書 (JUGEMレビュー »)
塩川 寶祥照成,岡崎 寶祥寛人,無外流居合道連盟
MOBILE
qrcode
<< この頃特に気になること | main | 再び”五輪書” 思いつくまま >>
武蔵「五輪書」より思いつくまま
0
     宮本武蔵の「五輪書」をこのブログをお読みになって
    いる方で、どのくらいお読みになっただろうか?
    また、最後までキチンとお読みになった方は何人位?
     全部お読みになった方でも全部理解された方は多分
    稀有なのではないでしょうか?私も大分以前に読んだ
    のですが何か所かよく理解出来ませんでした。
     理解したとは言い切れないものの、少し気になった
    幾つかを書いてみたいと思います。

     五輪書は”地”、”水”、”火”、”風”、”空”の五つから
    なっていることはご存じの通りです。
    「地の巻」は序論で、兵法修行の心構えや二天一流と
    名づけた訳、根本理念について書き記してます。
     次の「水の巻」では、兵法の心構えに始まり、剣術
    の基礎や太刀の持ち方、構えから基本の形などを懇切
    丁寧に説明しています。

     その中で心構え、心の持ちよう、置き方などは何度
    も読むと判ってきますが、姿勢というか体の置き方に
    なると読み方によってはオヤ?と思うことがあります。
     それは、”兵法の身のおゐて常の身を兵法の身とし”
    これは難しいがマアいいでしょう。少し後に出てくる
    姿勢のことで、
    ”鼻すじ直(すぐ)にして少しおとがいを出す心なり”
    とあります。

     武道の姿勢を教える時、”背筋を真っ直ぐにしてアゴ
    引け”などと教えますが、すると首や上体に力が入って
    しまうので、私はすぐ続けて「但し、臍下丹田に気を
    込めたまま、首すじを軽く延髄まで突き上げる気持ち
    で伸ばして、アゴには力を入れるナ」と教えています。
     こう書くと大変に思えるかもしれないが、慣れると
    スッと出来るようになるます。

     どうも武蔵は”「アゴを出せ」と言うのではなくて、
    出す様な感じを言っているのではないか”と高岡英夫
    (運動科学研究所所長”ゆる”体操、呼吸法主唱者)氏
    氏も説明されておられます。彼は島田美術館が所蔵の
    武蔵が二刀を下げ、やや老齢に達した?武蔵がアゴを
    出して自然体で立つ肖像画を見てか説明をされ、その
    姿勢で構えて自らも二天一流の剣法?を実施されてい
    るようです。

     
     また、「足づかひの事」の項では、
    ”足に飛び足、浮き足、ふみゆする足とて、是の三つ
    きらふ足也”といい、これは判りますよネ。
     後半では更に、”此道の大事にいはく、陰陽の足と
    いふ、是肝心也。陰陽の足とは片足ばかりうごかさぬ
    もの也。
     きるとき、引くとき、うくるとき迄も、陰陽とて
    右ひだり、右ひだりと踏む足也。
     返々(かえすがえす)片足ふむこと有るべからず”
    と足運びでは、片足だけでなく両足を連動して動かす
    ことの重要性を書いております。

     ただ剣道や杖道などではよく判るのですが、武蔵の
    実戦剣法と異なり、現代の居合道では軸足となる後ろ
    足をあまり動かすことは、”斬る”という意識を大事に
    するうえで、私は推奨出来ません。剣聖武蔵に異を唱
    えるつもりは毛頭ありませんが・・・
     まだまだたくさんあるのですが、今日はこの辺で

     
     
    | - | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.iai-mugairyu.com/trackback/1174792
    トラックバック