CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書
真伝無外流居合兵道―塩川寶祥の武芸極意書 (JUGEMレビュー »)
塩川 寶祥照成,岡崎 寶祥寛人,無外流居合道連盟
MOBILE
qrcode
井伊大老は居合の達人だったのに
0
     11月から色々追われ”師範徒然草”もご無沙汰でした。
    今日は今年始めてなので”読み物”でお読み下さる方々へ
    お年賀とします。
     さて、尊皇攘夷たけなわとなった幕末、幕閣の心胆を
    寒からしめたのが時の大老井伊直弼が討たれた桜田門外
    の変だった。井伊大老は政治家としては色々な話題にも
    乗るが、武術家としても一流だったのは知られていない。

     彼は彦根藩井伊家の嫡男ではなく、部屋住みの身分で
    藩主になれる見込みは全くなく、”居合道”で一派を立て
    ようと修行に励んでいたという。
    「新心流」という関口弥六右衛門柔心が創始した柔術の
    主流、”関口流”の別称で、その師範である彦根藩士河西
    精八郎の指導を受け殿様芸を脱しており、31歳の弘化
    3年(1846)には「新心新流」という流派を立て弟子
    免許状を授与していたという。

     武術に専念できていたのは32歳までで、36歳のとき
    には彦根藩主を継ぐことになり、居合の道からは離れる
    ことになってしまった。そのまま居合道の宗家を守って
    いたら、桜田門外の変で命を落とすことも無かったろう
    と思われ、人の運命とはわからないものである。

     ではこれほどの腕を持ちながら、18名の浪士たちに
    襲われたとはいえ、駕籠から出て戦わなかったのだろう?
    屋敷近くだったし、120余名の警護に守られていたとい
    うので安心しきっていたのだろうか?
     折から降り出した大雪に警護の士たちは菅笠、合羽に
    身を固め、刀には柄袋をかけていて最後まで刀さえ抜か
    なかった士が大勢いたという。

     記録によると、事件後彦根藩藩医が井伊直弼の遺骸を
    検死した結果大腿部から腰に貫通銃創があり、このため
    駕籠に座ったまま抜け出せずにいるところを、襲撃浪士
    たちにめった刺しにされて落命、薩摩脱藩藩士の有村治
    左衛門に易々と首を討たれてしまったようだ。
     降りしきる大雪の中で、相手も定かではない乱戦の中
    剣豪小説や時代小説のようにはいかず、刀を振り回し、
    斬るというより叩き合う乱戦だったという。
     
     現代では居合、剣術を稽古していても、万が一にも斬
    り合うことはありえないが、この話に刺激された訳では
    ないけれど、今年は無外流太刀打だけではなく、他流儀
    の剣術を少し多く稽古してみようと考えている。
    (この項話の拠り所は「日本剣豪秘史」(渡辺 誠著)
    による)
    | - | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    岩目地師範のありがたい教導
    0
       121日に行われた「第5回塩川杯日本古武道大会」。その閉会式で岩目地光之師範(下関)が講評されたが、含蓄のあるお話だったので、参加出来ない方もおられるから、ここに私の解釈を加え書いてみたい。
       
       岩目地師範は(居合では)「まず“刀法”をしっかり学んで頂きたい。刃筋や形を覚えるのはそれからでも遅くはない。形を演じるのはユックリでもいい。速く振る必要はない」 要約するとこうおっしゃられた。
       
       “刀法”とは刀の遣い方だが、剣道、剣術、他流の居合でも“米”の字で表現される八種類の太刀筋、刀法は常識だが、岩目地師範が言われたのは
      もちろん無外流の基本二十本での“刀法”のこと。
       例えば、無外流の基本中の“キ”である座技「真」は、初太刀は逆袈裟に斬り上げ、二の太刀は同じ(そうでない方がほとんどかな)刃筋を袈裟に
      斬り下す。
       
       ただ、無外流居合の“形”ではご存知の通り、八法の太刀筋全部は使わず、右からの逆袈裟、横一文字はない。その代わり座技、立技共に突きがある。その上多彩な刃筋の逆袈裟、袈裟があり、これが無外流が江戸時代実戦に
      強いといわれた特徴のある刀法だった。
       それだけにより正確な刀法を理解し、習熟する必要がある。同時にどういう状態の敵に対応し、どこをどう斬るのかしっかり理合(技法)を判って
      いないと、正しい形を演じることができない。岩目地師範の言葉を深読みすればこういうことになると思う。
       
      この大会では、三段までの指定形での試合だったので、無外流の形が全て網羅されていた訳ではないが、全くの初心者はともかく、同じ有段者が同じ形を演じているのに、斬り方、斬る位置にバラつきが感じられたから、警鐘を鳴らされたのだと思っている。
       その原因は、速い太刀遣いで、形を演じようとし過ぎているため、正しい刀法にならず、“らしい形”を演じただけではダメだ、と言われようとした
      のではないだろうか?太刀行きの速さよりも正しい太刀遣い、それを活かした
      “形”を演じることが大切ですよ、と言われたかったのではないだろうか?昔、下関の塩川道場「拳聖館」に稽古に行ったとき、岩目地師範の稽古を拝見したことがあったが、“真”一本だけを何度も何度も繰り返し稽古され、帰られた。
      それだけ同じ角度、同じ位置を寸分違わず斬ることを確認しながら稽古され、習熟されようとしていたのだと思う。
       
      あるとき塩川宗家が「岩目地は飛んでいる蠅を斬ったンじゃ。あんなことワシでもようできん」と言われたことがあったが、それだけ正確な刃筋で、
      ピンポイントに太刀を遣えるのは、このような稽古を繰り返し、繰り返し行って刀法を身に着けた岩目地師範にしかできない秘術なのだろう
       
       一日にせいぜい2~3時間しか稽古出来ない我々が、わずか20だからとはいえ、一技2~3本を繰り返すだけの稽古法は、もう一度見直す良い機会かもしれない。
      | - | 12:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
      形稽古の習得に大切なのは?
      0
         
        9月22〜23日毎年恒例の「会津祭り」”古武道祭”兼合宿
        に参加してきた。NHKの大河ドラマ「八重の桜」人気で、
        街中も鶴ヶ城前広場も大勢の人、人、人出で賑わったのは
        うれしいのだが、東京から早朝だったが行きは3時間半も
        掛からなかったのに、帰りは会津を3時半に出て東北縦貫
        道路が大混雑。どこのサービスエリアも満杯状態。
         結局、トイレタイムも夕食も取らずに走り続けたのに、
        5時間以上かかってしまった。合宿稽古より疲れた。

         
         ところでこの時の合同稽古後の昇段審査で無外流居合道
        審査3段の部で四人、4段の部で一人、受験者全員が不合格
        となった。今年から岡崎宗家が武術の修得に深さと広さを
        求められ、より実戦に近いものをと目指されて以来、併伝
        武道の種目にも幅を広げてこられたこともあろう。
         当然、これまでより上の段位に行くにつれ審査員も7人
        と増え、審査種目増も含め所作、演武を見る目も判定基準
        も厳しくなっていたこともある。

         それよりも、私が思うにこれまで稽古してきた会員達が
        武術修得、形の稽古とは何ぞやという意識が、岡崎宗家の
        意図を十分認識しきれていなかったのではという気もする。
         
        この日の審査後、岡崎先生が”武術(居合道では)2,3段
        が一番大事な時期なんだ”と言われた。具体的にどういう
        意味で大事かは説明されなかったが、私もそう思って会員
        たちに日頃その意図を説明しながら稽古させている。

         もしかしたら、私と岡崎先生の考えの真意は、ご本人に
        確かめていないので必ずしも同じではないかもしれないが、
        私が思っている意味を披露しておこうと思う。
         今回の受審者の大半は技の技量一つ一つ、斬り、刃筋、
        刀の振りのスピード、姿勢等々必ずしも欠点が目立ったと
        いう訳ではなかったと私は看た。だが、全員が3段、4段の
        段階で求められる形の解釈、その表現を理解していたか?
        というと残念ながら私は出来ていなかったと思う。

         それは何か?形を行うには”形の披露演武”とも少し違う
        と私は思っているが、私は初段までに形の動きは全て修得
        して当然と思っている。
         そして2段からはその技の1本1本に磨きを掛け、顔向き、
        肩、腰、体軸、足捌きに加え、手の内、斬り、刃筋、更に
        スピードと強さ、変化にも対応出来るよう意識して昇華し
        てゆく必要があると思っている。
         
         

         更に3段からはそれが1人、2人、3人、4人と相手が変化
        するに応じてどう対応しているか?を意識して学んでゆく。
         固定されて動かない巻き藁を斬るわけではない。一斬り、
        一振りの集大成ではない。それぞれが動き、仕掛けて来る
        相手に対してのかわし、受け、反撃する。”静”はあっても
        ”動の中の静”と私は思っている。

        披露する技1本、1本がその章の一話が終わっても、5本目
        までそれぞれの章が終わり、5本が一つの物語として終る
        まで、”気”を抜くことなく、一定の”間”を保ちながら実は
        次々と繋がっており、5本すべてが終わって初めて一つの
        物語として完結する、というのが理想形と思っている。

        こんな難しいことを3,4段に求めているわけではないが、
        3段の段階から意識して日頃形を稽古し、演じる気持ちで
        いないと昇段試験の緊張した場では出来ないだろう。
        ましてや4段、5段ともなると・・・
         居合は実際に相手がいない、仮想敵を想定して行う”形”
        演武であるだけに、相手の位置、人数を想定した顔の向き、
        目の動き、腰、体軸、足捌き、更には気勢、気迫で行って
        いるかと徐々に高度な要求、完成度が求められてゆく。

         無外流の形は”奥入り・奥伝”を除き、わずか20本である。
        他の流儀に比べ相当少ない。他の流儀の形の多さ、種類を
        云々する気は毛頭ないので、併伝武道の一つ神道夢想流の
        杖道を例に挙げると、64本とも72本ともいう。奥伝までを
        修得しようと思うと相当の時間と修練が必要となる。
         

         それに比べ無外流居合はわずか20本。この中に術の全て
        が込められているすぐれた流儀なのだ。動きを覚えたから
        といって、動き一つ一つが早く、強く、正確になったから
        上手くなったとは言えない。無外流はもっと奥深いものを
        持っている。3,4段ともなるとそうした意識で、どう形を
        演じているか、段位の度合いこそ違え、せめてその意図が
        審査員にわかるように見せて欲しいと私は願っている。

        | - | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        大学武道部創部早や五十周年!
        0
            私は高校、大学と体育会の部活動は”弓道”でした。
          当時居合は従で細々とやってはいたが、本格的に続けた
          のは社会人になってから。それからは寸暇を惜み稽古を
          積み、今日に至っているのですが・・・
           今回は居合を離れて恐縮だが、大学部活動時代の弓道
          のことを書いてみたい。

           この7〜8日仙台で大学弓道部50周年記念”九心会”の
          集まりに参加してきた。
           同窓会と言っても部としての大学公認は”萩弓会”で、
          ”九心会”というのは、弓道部同期九人で卒業時作った
          仲間の会。それがほとんど毎年一回集まりを各地で開き、
          50周年記念会となったもの。

           私が入学直後入部した母校の弓道部はまだ「同好会」
          で、数人の先輩達が昭和30年から高校時代の継続で、
          戦前からあった農学部の古い道場で細々と続けていた。
           ところが、この道場が私が入学、入部した昭和34年
          の翌年位から取り壊され、他のものに敷地が転用される
          と聞いて、稽古出来なくなると騒ぎになった。

           
           当時同期入部者は最初3人、続いて一人二人と入って
          きたが、先輩は忙しい医学部四年生が二人、三年生が
          一人、教養部の二年生が二人、夫々ががばらばら?で弓
          を引いていたくらい。熱心なのは我々新人たち。夫々段
          は持っていたので稽古には自主でも不自由はなかったが、
          顧問の目黒利吉師範が見えると指導を受けていた。
          小柄で柔和なやさしく、丁寧な指導をして下さっていた。

           道場消滅と廃部の危機に瀕しこの師範に私たちが相談、
          当時小山又治助教授が大学側の部長で、この方はテニス
          が専門、日本選手権で2位か3位になった名選手だった。
          その知名度と積極的なお人柄から、新稽古場確保を大学
          側に交渉して頂くことにした。

           当時教養部は、川内という仙台市街青葉城近くの元駐
          留米軍の住宅地だった所に開発中で、広大な丘陵地に
          点在する白塗り壁のプレハブ住宅が点在し、中でも広い
          建物を教室として利用し始めていた。

           その中から2間半程の使用していない小屋の利用許可
          をいただき、私ともう一人の同期、教養部の先輩二人に
          小山部長と助手の5人で、調達してきたトラックに小屋
          を半分に解体、許可を得た広瀬川近くの崖地上の校地内
          の平らな一画に、2回に分けて運び込み、屋根を残した
          半分コの字形の外壁を建て、規定距離の18間に離して
          残り半分は屋根と床を活かし、射座を作った。

           次は矢止めの垜(あずち:安土)の制作。黒土と砂と
          おが屑を小山助教授の顔で調達していただき、規定配分
          に混ぜ合わせて前下がり三角に突き固めて自作した。
           そしてここで稽古を始めた。雨の日は片屋根オープン
          なので、雨が吹き込むから稽古は中止。ここでの稽古と、
          公式戦等に参加実績を作り、学校側に申告して遂に待望
          の”部”として承認された。

           この時、昨日の早朝2020年のオリンピックが東京
          に決まって、皆んなが抱き合ったようにはしなかったが、
          思わず万歳を叫んだ、今は懐かしい思い出である。
           その後入ってきた同期を入れて九人の内、7,8日は
          夫人連れ3人(いつからか忘れたが以前から夫人同伴は
          歓迎となっている)の6人が各地から集まった。

           今は無外流居合兵道が”命”となり、全く弓を引くこそ
          無くなってしまったが、正に自分達手作りの”創 部”と
          して今は懐かしい思い出となっている。

          | - | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          武芸は難しきもの、心と技術?
          0
             つい更新が間延びしてしまうのが心苦しい。
            徒然なるままに?、柳生新陰流兵法第二十二代宗家柳生
            耕一 平敦信氏の「負けない奥義」を読んだ。その中で
            稽古や試合で必要な心得を抜き書きしてみた。
            実行するか読み飛ばすかは賢明な読者諸兄にお任せする。

             剣術等でやってはいけない”十の心得”として、新陰流
             の出典文は除いて、現代文にまとめてみた。
            1.顔をひくこと(体や腰も引け、太刀が伸びない)
            2.身(頭・肩・胸)と太刀を持つ手がバラバラになるな
              
              (手先だけの斬りとなりがち)
            3.胸を反らすな(太刀先が伸びない)
            4.肘を体に着けたままにするな(手先だけの斬りとなり、
               太刀先が伸びない)
            5.前傾となり、腰を屈ませるな
            6.膝を居着かせるな(動きが悪くなり、踏み込みが甘く
               
             
               なる) 
            7.前屈みになるな(上体が前屈みになると、重心の
             
               バランスが悪くなる)
            8.手元を下げるな
            9.両足を一緒に床に居着かせるな(足捌きが悪くなる) 
            10.手先だけで太刀を遣うな(小手先だけの太刀遣い
              
                は悪し)
             

             こうしてみると、当たり前のことばかり。ただこれを
            日頃の動きの中で、頭の隅にしっかり叩き込んで置かぬ
            とつい疎かになってしまうものだ。

             そして、「負けない心を作る七つの要点」として、
            1.まっさらな心(初から己に備わる心)を意識して
             
               鍛錬せよ
            2.感情に左右されぬ純粋な心が相手の千変万化の動き
               に対応できる
            3.心の持ち方は、”ハ・セ・セ”(ハー腹、セー背中の
               腰の付け根、セー西江水(わだかまりのない、
               スッキリした心で、心と体の働きが一体となった
               充実した状態をいう)なり
              
            4.勝負時は、広い心で相対し、負けまい、勝ちたいと
               いう余計な気持ちを捨て、曇りない心で対せよ
            5.相手の動きを待つのではなく、平常心を保ちながら
               より積極的な気持ちで相手に向え
            6.細かいことに拘らず全体を見失わず、心を広く持ち
               心の目で見よ
            7.敵の拍子に惑わされず、己の心に従い戦え

            そりゃそうだ、おっしゃる通り、それは判っているけど
            できないから苦労しているんだけどネエ。

            昔の剣豪たちが、滝に打たれたり禅に傾注したり、心を
            練るために艱難辛苦したのですよね。頑張ってみよう!

            | - | 22:22 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
            | 1/54PAGES | >>